航空機と鉄道と風景の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 日光東照宮境内の杉並木参道 ジブリの世界を再発見

<<   作成日時 : 2016/11/23 19:21   >>

トラックバック 0 / コメント 10

世界遺産「日光の社寺」へのプチ旅行の続きです。今回は日光東照宮の境内にある杉並木参道がテーマです。東照宮を正面に歩いていくと左手に大きな杉が並木となっている参道があります。日光街道の杉並木が有名ですが、境内にも見事な杉たちが素敵なシーンを「魅せて」くれます。

東照宮側からの杉並木参道の入り口です。
左に見えるのはお土産とお食事処のお店です。日光特産「ゆば」を使った料理を提供されています。景観を損なわない造りになっていますね。
画像


今ではすっかり見ることができなくなった郵便ポストがありました。
画像


杉並木の参道です。低い位置から撮ってみました。
画像


日光東照宮五重塔です。
1650(慶安3)年に建立、1818(文政元)年に再建されました。再建となったのは1815(文化12)年に落雷によって焼失したからだそうです。高さは36メートル。再建されてもうすぐ200年、昔の優れた建築技術には驚かされます。
画像


杉並木参道の両側には延々と石垣が続いています。
画像


石垣と参道の間には日光の山を源流に東照宮境内に導かれている清らかな水が流れています。
画像


参道を挟んで反対側にも水が流れています。
画像


参道を歩かれている人と比べると杉の大きさが実感できます。
樹齢何百年なのでしょうか。まさに「悠久の歴史」を感じます。
画像


大地から延びる大きな杉の「足元」です。
画像


石垣と杉を彩る「苔」です。
画像


杉の切り株の苔。
画像


石にも苔が・・・苔の上に胞子上の小さな命が見えました。
画像


杉の小枝、こんな枝にも年輪が見えました。
画像


樹齢何百年もの杉と苔、自然の偉大さ、荘厳な時の流れを感じます。
画像


ジブリの映画「もののけ姫」のシーンを思い出します。
画像


にほんブログ村に参加しています。
お気に召しましたら「ポチッ」して頂くと嬉しいです。ありがとう。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
日光東照宮は参道のお写真、どちらも長い歴史を感じます。世界遺産となるのも、うなずけます。日光街道の杉並木もそうなのですが、昔の人は皆、ここを歩いて通ったのだなと、不思議な気持ちになりました。五重塔もはるか昔にこれだけの建築物を造る技術には本当に驚きます。
おがちん
2016/11/23 19:40
こんばんは!
ちょうどこの杉並木の参道歩きました。
鬼怒川温泉に1泊し、朝一番に輪王寺大獣院を先に参拝し、そこからこの杉並木を歩いて東照宮へ行きました。ほんとに見事な杉並木ですね。
陽明門が修復工事で見られなかったのが残念でした。又数年後、綺麗になった東照宮へ行けたら嬉しいです。
eko
2016/11/23 21:53
こんには
日光らしい素晴らしい写真です。
雪が降ったそうですね、寒い関東とは違って暖かい高知ですが、雪の写真なども掲載してください(^-^)。
東照宮のこの写真は、羽田空港より私は好きかもしれませんね。またいいモノを見させて頂きました!
みさご
2016/11/24 19:15
こんばんは♪
重厚な杉並木ですね。
杉木立の中の五重塔、澄んだ空気と清流、苔むした木の根、どれも日光の歴史を感じることができます。
歴史と生命を感じました。
まきちゃん
2016/11/24 21:26
こんばんは。
参道とその石垣や杉並木、そんな中でひときわ鮮やかに立っているポスト。絵になる一枚ですね。
参道脇の清流そして苔のついた石垣、巨木だった切り株や杉の大木の根元についた苔達。苔という植物は歴史の歳月感やまた落ち着いた雰囲気を作りだしてくれる独特のものがありますね。
近頃は庭にある苔でさえ、歳を重ねてきたせいか尚更にいろいろと感じさせてくれます。
どれも癒される風景達です。日光は絵になる風景の宝庫ですね。
マナオ
2016/11/24 21:35
おがちんさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
境内の参道に沿った大きな杉には圧倒されますね。遙か遠い江戸の時代、先人たちが参拝に歩いていたことを思うととてもロマンを感じます。
重機の無い時代、巨大な建造物を造り上げる先人たちの知恵にも驚かされますね。
トラッキー
2016/11/26 15:47
ekoさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
ekoさんもこの参道を歩かれましたか〜大きな杉が整然と並ぶ姿は感動しました。日光東照宮はいつもどこかで修復工事が行なわれている感じですね。
修復に携わる職人たちの方々の技術、まさに名工と呼ぶにふさわしいかも知れませんね。
是非、再び日光東照宮を訪れてみてください。
トラッキー
2016/11/26 15:53
みさごさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
一昨日の24日、明け方頃から関東地方で雪が降りました。11月に降雪となったのは記憶にありません。
日光東照宮周辺の紅葉は少し遅かったかもしれません。日光の雰囲気を感じながら撮ってみました。
お褒めのコメント、ありがとうございました。
トラッキー
2016/11/26 15:57
まきちゃんさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
日光東照宮の境内の様子、まさにコメント頂いた通りでした。
クルマで1時間程にこのような場所があることを改めて実感、誇らしく思います。
日光街道の杉はクルマの排ガスや道路工事に伴う根の損傷、台風などの影響で年々減少しているそうです。
いつまでも大切に保存して欲しいものです。
素敵なコメント、ありがとうございます。
トラッキー
2016/11/26 16:04
マナオさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
参道の脇の清流と石垣の苔、とても素敵でした。自然を見つめる「眼」が変わってくるのかも知れませんね。
江戸の時代から延々と続く日光の風景、改めて歴史と悠久の時の流れを感じました。
トラッキー
2016/11/26 16:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
日光東照宮境内の杉並木参道 ジブリの世界を再発見 航空機と鉄道と風景の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる