航空機と鉄道と風景の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 祝 文化勲章受章 船村徹先生の記念館 & ガストでランチ

<<   作成日時 : 2016/11/27 19:11   >>

トラックバック 0 / コメント 8

日光を訪れる途中で「船村徹記念館」に寄ってみました。船村徹先生(呼び捨ての記事は気が引けるので)は、作曲家、歌手でもあります。まさに戦後の歌謡界を代表する「巨匠」です。演歌が大好きな母も喜ぶことと思いながら、日光までの途中下車の旅です。

船村徹記念館に到着〜道の駅「日光」 日光街道ニコニコ本陣も併設されています。
画像


ランチに寄ったファミリーレストラン「ガスト」の記事から進めます。
船村徹記念館を満喫した後、お昼時になりましたので、近くにある「ガスト」でランチ。
画像


平日(木曜日)にも関わらず満席、順番待ちです。
店員さんが「今日の日替わりランチは○番で〜す♥!」と説明してくれました。
画像


母が選んだのはこれ!「ベジ塩タンメン」です。
画像


日替わりランチも美味しそうでしたが、私が選んだのは「てりたまハンバーグ!」ファミレスと言えば「ハンバーグ」なんですよね〜
画像


我が家の歯科衛生士が選んだのは「トマトとバジルのイタリアンチーズINハンバーグ」
前回もこれだったような・・・
画像


オーダーした料理が来ました〜ベジ塩タンメンです。
その名の通り野菜たっぷりですね〜美味しそうです。
画像


トマトとバジルのイタリアンチーズINハンバーグです。
画像


てりたまハンバーグです。半熟の玉子焼きがのせられたハンバーグ、美味しかった〜
画像


ソースをかけて・・・香ばしい匂いが食欲を倍増させます。
画像


先程の店員さんが「ライスの大盛りが無料です。いかがされますか〜♥?」との誘惑につられてハンバーグと大盛りライスを完食〜お腹いっぱい!食後の運動に「日光東照宮周辺の散策」がちょうど良いです。
画像


ガストの前を走る日光街道の宇都宮方面の様子。
画像


反対側、日光方面の様子。
画像


日光東照宮まで1.1kmと案内されています。
画像


船村徹記念館の記事に戻ります。
ポスターに写られている方が「船村徹」先生です。この度、文化勲章を受章されました。
画像


記念館にも文化勲章受章お祝いの垂れ幕が掲げられていました。
画像


記念館の入り口です。昨年4月にオープンしました。
日光市にゆかりのある作曲家船村徹氏の作品ほか、日光の自然・文化遺産を大迫力の映像で体感できる3Dシアター、日光連山が望めるビューポイントなど、見どころ盛り沢山です。 ミュージアムショップでは、日光街道ニコニコ本陣や船村徹にちなんだオリジナルグッズや、日光ゆかりの品を販売中。どなたでもお気軽にお立ち寄りください。
(道の駅「日光」日光街道ニコニコ本陣HPより引用 http://www.nikko-honjin.jp/)
画像


記念館のパンフレット。入館料は540円(一般)です。
館内は撮影および動画録音が禁止されています。
画像


記念館と道の駅の間にある広場で・・・誰かがはしゃいでいます。
画像


山車も展示されていました。
画像


記念館では文化勲章受章を記念したポストカードが配られていました。
「歌は心でうたうもの」・・・なるほど素敵な言葉です。
画像


船村徹先生の作曲「別れの一本杉」です。
船村 徹(ふなむら とおる、1932年6月12日 - )は、日本の作曲家・歌手。日本音楽著作権協会(JASRAC)名誉会長、日本作曲家協会最高顧問。横綱審議委員会委員。「日本会議」会員でもある。本名は福田博郎(ふくだ ひろお)。戦後歌謡界を代表する作曲家の一人であり、手掛けた曲は5000曲以上にのぼる。

栃木県塩谷郡船生村(現塩谷町)出身。父親は獣医だった。栃木県立今市中学校(現・栃木県立今市高等学校)、東洋音楽学校(現・東京音楽大学)ピアノ科卒。

大学在学時はまだ駐留米軍が数多くいた時代であり、船村は米軍キャンプ専門のバンドでそのリーダーを務めたこともあったという。大学在学時に、作詞家の高野公男と組み作曲の活動を開始した(高野は1956年に肺結核のため、26歳の若さで死去)。ただ、高野とともに、生活は困窮を極め、バンド・リーダーのほか、流しの歌手なども経験する。

1953年、雑誌「平凡」コンクール曲第一席「たそがれのあの人」がレコード化され、作曲家としてデビュー。
作曲家としての本格的な作品は「別れの一本杉」(歌・春日八郎・1955年発表)。その後も、「ご機嫌さんよ達者かね」、「あの娘が泣いている波止場」(歌・三橋美智也)などが連続ヒットした。(wikipediaより引用)

昭和世代には心に響く旋律です。




にほんブログ村に参加しています。
お気に召しましたら「ポチッ」して頂くと嬉しいです。ありがとう。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
お嬢様の選ばれたイタリアンハンバーグはトマトとバジルの大好きな私好みですね。
船村徹さんは演歌界の大御所ですよね。
「歌は心で歌うもの」素敵な言葉ですね。
まきちゃん
2016/11/27 22:51
こんにちは。
船村徹さんは栃木県出身であったのですね、そう言えば以前からあのちょっと訛りのある話ぶりが印象的でした。
秋の叙勲では文化勲章を受章されたとの事で、栃木県としてもおめでたい出来事ですね。
子供の頃から彼が作曲した歌謡曲を多くの歌手が唄う中でレコードやラジオやテレビを通してよく聴かされていた事はすこし後になってから知りました。
まだオープンしてまもないと言う事ですが、立派な記念館ができて新しい観光名所にもなるでしょうね。いつか宇都宮にいる友人宅を訪れる時には是非とも立ち寄ってみたいものです。
個人的にはファミレスはここ数年全く行っていません。以前は孫達の誕生日やクリスマス等での食事会でよく一緒に行ったりしていましたが、最近ではお声もかからなくなり大分ご無沙汰となっています。
なるほどガストではこのようなメニューがあるのですね、参考になりました。
マナオ
2016/11/28 13:21
まきちゃんさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
まきちゃんさんもイタリアンがお好きですか〜イタリア料理と聞くと何ともお洒落ですよね〜専門店のパスタも絶妙な風味です。
この年齢になると演歌が心に響いてくるようになりますね。最近の流行歌はどれも同じように聴こえて、心に残らないです。歳ですね〜(笑)。
トラッキー
2016/11/28 19:06
マナオさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
そうなんです。船村徹さんは栃木県の旧船生(ふにゅう)村、現在の塩谷(しおや)町のご出身なんです。栃木訛りが何とも暖かく、親近感が湧いてきます。
宇都宮のご友人を訪ねられた際は是非、お立ち寄りください。日光東照宮もスグ近くです。
私もファミレスでの食事は年に数回ですが、いつも「ハンバーグ系」になっちゃいます(笑)。
トラッキー
2016/11/28 19:13
こんばんは!
船村徹さんは栃木県のご出身だったのですね。日光東照宮の近くに記念館があるのですね。
ガストはこちらにもあるのでたまに行きます。リースナブルで家族全員で行くには重宝します。
トマトとバジルのイタリアンチーズINハンバーグ美味しそうです。覚えておいてこちらにもあったら食べてみます。
eko
2016/11/28 22:28
ekoさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
船村徹記念館がオープンしてから何度かクルマで通り過ぎましたが、週末の混雑が凄かったので、入館するのを断念していました。
ガストのメニューは美味しいですね〜ついつい食べ過ぎてしまいます。
トマトとバジルのイタリアンチーズINハンバーグ、是非ご賞味くださいませ。
トラッキー
2016/11/29 19:41
こんばんは♪
以前に道の駅「日光」に立ち寄った際、お土産しか見ていませんでした。船村徹記念館が併設されていたのですね。有名な作曲家の先生だったのでしたか。駐車場が狭くて混雑していたので、早々に後にしましたが機会があればまた立ち寄って入館してみたいです。
おがちん
2016/12/05 20:38
おがちんさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
船村徹記念館は昨年の4月にオープンしました。おっしゃられる通り、駐車場のスペースが少なく、少し離れた臨時駐車場もありました。
船村徹先生は演歌界の巨匠、是非訪れてみてくださいね。
トラッキー
2016/12/08 18:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
祝 文化勲章受章 船村徹先生の記念館 & ガストでランチ 航空機と鉄道と風景の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる