航空機と鉄道と風景の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 日光二荒山神社と日光山輪王寺を散策

<<   作成日時 : 2016/12/07 19:41   >>

トラックバック 0 / コメント 8

世界遺産「日光の社寺」の続きです。日光東照宮を正面に見ながら、途中で左に曲がり、杉並木を歩いていくと、日光山輪王寺と日光二荒山神社が建っています。紅葉を楽しみながら周辺を散策してみました。

大型バス駐車場で見た「HATO BUS」です。
東京で良く見掛ける観光バスです。栃木にも乗り入れているんですね。
大型バス、価格が気になったので調べてみると1台2,000〜3,000万円するそうです。想像以上に高いですね〜住宅が買えちゃいます。
画像


見えてきたのは、日光山 輪王寺「常行堂」(じょうぎょうどう)です。

嘉祥元年(848年)に慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)によって、比叡山延暦寺の『にない堂』に模して建立されました。純和様の宝形造(ほうぎょうづくり)で、隣の純唐様の法華堂(ほっけどう)との間に、歩廊を設け接続されています。
この形式が大変珍しいもので、現在では比叡山延暦寺と、ここ輪王寺常行堂の二か所のみとなっています。
その昔、常行堂では、常行三昧(じょうぎょうざんまい)という仏様の周りを歩きながら念仏を唱える修業が行われていました。その為、内陣は本尊の周りをぐるりと回れる造りになっています。
現在では、回向(えこう)(先祖供養・水子供養)の道場となっています。(日光山 輪王寺 公式ホームページhttp://rinnoji.or.jp/precincts/jyogyodoより引用)

修学旅行の生徒たちがお坊さんからの説明を聞いていました。
画像


日光 二荒山(ふたらさん)神社の入り口です。
二荒山神社の創建は、勝道(しょうどう)上人が767年(神護景雲元年)に、二荒山(男体山)の神を祭る祠を建てたことに始まるとされるそうです。
画像


日光山 輪王寺「常行堂」を更に進むと「大猷院」(たいゆういん)が見えて来ます。
徳川第三代将軍「家光公」の廟所(びょうしょ)があります。廟所とは墓所を意味します。境内には世界遺産に登録された22件もの国宝と重要文化財、315基の灯籠があるそうです。
画像


日光 二荒山神社の右側、さらに奥に続く参道が見えました。
画像


世界遺産「日光の社寺」を満喫、駐車場に戻ります。
石畳のある道路を歩いていきます。
画像


静寂感が漂う素敵な雰囲気です。
画像


食堂兼喫茶店みたいなお店がありました。昭和の雰囲気たっぷりです。
画像


喫茶店の窓からこぼれる灯りが良い感じ。
画像


真っ赤に染まったモミジの葉。
画像


真っ赤なモミジと竹林の緑が印象的です。
画像


ここにも大きな杉並木が続いています。
画像


駐車場に近づいてきました。お土産屋さんや飲食店が並んでいます。
画像


定食屋さんのメニュー。懐かしいです。
画像


大きなお土産屋さんです。
画像


日光カステラのお店。
画像


この後、神橋を目指して歩きます。もう少し日光の記事が続きます。
画像


にほんブログ村に参加しています。
お気に召しましたら「ポチッ」して頂くと嬉しいです。ありがとう。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
一昨年に日光大猷院で案内員のお坊様に説明を受けながら参拝しました。説明が上手で面白かったのでとてもいい印象を受けました。東照宮のように混雑はなくて良かったです。
写真を見ながらその時を思い出して懐かしく思います。
eko
2016/12/08 18:07
こんばんは♪
日光山輪王寺と日光二荒山神社、日光には見どころが
たくさんありますね♪参道も和の情緒たっぷりで、赤く染まったモミジもきれいに撮れています♭♭
神橋はなぜここに?という不思議な橋ですよね。続きを楽しみにしております。
おがちん
2016/12/08 21:13
こんばんは♪
紅葉の季節の日光東照宮は、より素敵ですね。
家康公の霊廟の久能山東照宮には近いので何度か行きましたが、日光には新緑の季節に5年ほど前に行ったきりです。
紅葉の季節に行ってみたいです。
ここ伊豆地方でも黄色い車体のハトバスにはよく出会いますよ。
まきちゃん
2016/12/08 22:47
おはようございます。
日光は沢山見学する所がある事を改めて知らされました。
若い時は神社仏閣巡りをしても関心がなかったせいかただ漠然と見ていたようにも思います。今では歳のせいかその時代にも思いをはせたりしますし、また様々な仏像にも魅せられたりしています。
観光バスの価格には私も以前驚かされた事がありました。
町内にも観光バスの会社がありまして、そこの社長さんが知り合いでもあり、以前は某団体に所属していた中で毎年三回程の一泊二日の視察研修に利用していました。
いつも利用しているバスは後部がサロンの形にもなり、また天井にはシャンデリア風の照明や他にも様々な工夫がされていて、ある時社長にいくらくらいするものか聞いた事がありました。回答は片手を出して五千万と言う事でしたが、ほんとに立派な家が建てられる額で驚いたものでした。
マナオ
2016/12/09 06:27
ekoさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
やはりお坊様が案内されていたのですね。あまり堅苦しくなく、面白く案内されるのは和みますね。観光旅行での思い出となりそうです。
トラッキー
2016/12/10 17:11
おがちんさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
おっしゃられる通りですね〜日光は東照宮が有名ですが、輪王寺や二荒山神社が隣接しており、見どころがいっぱいです。
世界遺産に登録されるまで「二社一寺」って何を指しているのか知りませんでした(恥;)。
トラッキー
2016/12/10 17:14
まきちゃんさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
そうですか〜5年前に日光を訪れられたのですね。新緑の季節も素敵ですね。私も紅葉の日光を訪れたのは初めて(?)かも知れません。観光地の近くに住んでいながら、一度も訪れていない、って人が結構いるんですよね。
はとバスの黄色い車体、観光地でも道路でも目立ちますね〜宣伝効果もありそうです。
トラッキー
2016/12/10 17:21
マナオさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
おっしゃられる通り、日光東照宮の周辺には輪王寺、二荒山神社がありますので、さまざまな建造物や風景を満喫できます。
大型バスの価格には驚きました。5千万円のバスもあるのですか〜車内の後部はサロンのような、カラオケBOXのような感じですね(笑)。豪華なものですね。
トラッキー
2016/12/10 17:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
日光二荒山神社と日光山輪王寺を散策 航空機と鉄道と風景の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる