航空機と鉄道と風景の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 栃木の銘酒「仙禽」の蔵元

<<   作成日時 : 2017/01/11 19:11   >>

トラックバック 0 / コメント 10

栃木県さくら市「今宮神社」に初詣に出掛けた際、近くにある日本酒の蔵元を撮った写真です。日本酒の名は「仙禽」(せんきん)と呼ばれます。仙禽とは神に仕える鳥 「鶴」のことだそうです。

仙禽さんが見えて来ました。
画像


暖炉でもありそうな煙突が印象的です。
画像


創業は1806(文化3)年と書かれています。
画像


蔵は大谷(おおや)石で造られています。
画像


木製の看板が良い感じです。
画像


歩道から見える蔵元の建物。
画像


大きなタンクが見えました。
画像


大谷石は栃木県宇都宮市大谷地区で採れる石材、加工がしやすく、耐火性に優れています。
画像


今宮神社に仙禽の酒樽が奉納されていました。
画像


仙禽の蔵元周辺には歴史を感じる家屋が見られます。
画像


昭和の時代、良く見られた風景です。
画像


にほんブログ村に参加しています。
お気に召しましたら「ポチッ」して頂くと嬉しいです。ありがとう。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
作り酒屋さんの表情はそれなりに由緒を感じる事ができますね。
この建物から美味しいお酒が生まれるのだなと。
下戸の私にはお酒の味はわかりませんが、風情は感じられますので、きっと喉越しの良いお酒なのでしょうね。
まきちゃん
2017/01/11 20:43
こんにちは!
造り酒屋さんのお家は立派な歴史を感じさせる建物ですね。
県内最古の蔵元さんなんですね。お酒は分かりませんが、そちらでは有名なんでしょうね。
周りにも歴史ある昔懐かしい家が並んでいますね。
eko
2017/01/12 18:20
まきちゃんさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
栃木にも数多くの蔵元があるようです。
結構有名なお酒らしいですが、私も日本酒は苦手、美味しく飲めるのですが、記憶が無くなってしまいます(笑)。
家での晩酌はビール(正確には発泡酒)と焼酎です。
トラッキー
2017/01/12 19:05
こんばんは!
私は日本酒党です。栃木のお酒は本当に美味しそうで出会ったら必ず飲んでみたいと思ってますよ。
こんな蔵元の写真も今年は、私も撮ってみたいですね(^-^)!
みさご
2017/01/12 19:07
ekoさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
創業が1806年とのことですので、200年以上の歴史がある酒蔵だそうで驚きました。私も日本酒は苦手でまったく飲みません。周辺の家屋が何とも風情を感じました。
トラッキー
2017/01/12 19:08
みさごさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
みさごさんは日本酒党ですか〜羨ましいです。
私は日本酒が苦手なんです。飲めるのですが、記憶が無くなってしまいます。蔵元の写真、風情を感じました。是非、蔵元の写真を撮ってみてください。
トラッキー
2017/01/12 19:24
おはようございます。
地元の大谷石で作られた酒蔵、そして建物全体の様子からも伝統と歴史のある蔵元を感じさせてくれます。
日本酒好きの殿方にはさぞかし味わってみたいお酒かと思われます。
私事ですが、体質的にアルコール分解酵素がほぼ無い中でも、付き合いという中でお酒に関しては消防団時代の三十年余りの間には私的には人生の二回分は頂いた感があります。
入団当時は大きな宴席でもビールなどは乾杯時だけでほとんどが日本酒でしたので、また宴の後半などで並々と注がれた丼ぶりが廻って来た時などは飲めない者には恐怖以外のなにものでもなくて、同期の飲める団員が羨ましくも思えたものでした。
それでも不思議なもので体質は変わらないのにも関わらず慣れや気持でなるのかいつしか三合程のお酒(焼酎なら一人で720ml1本は頂けました)なら飲めるようにもなり、日本酒もそれなりに味わえるようにもなっていったものでした。
さすがに退団後の今では普段でも一滴も飲まなくなりまして、たまの付き合いや宴席の中ではコップ一杯のビールで顔も真っ赤になりまた心臓もドキドキしてしまい、残念ながらいかに飲めない体質であるかを再認識させられています。

マナオ
2017/01/13 05:54
マナオさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
お正月の穏やかな天候の下、初詣で見かけた酒蔵が良い雰囲気でしたので撮ってみました。
マナオさんはお酒が苦手でいらっしゃるのですね。もともとアルコールが体質的に合わない方にとって、宴席は怖いものですね。会社の同僚でもビールをコップ一杯で真っ赤になる方がいます。
消防団と聞くと皆さん「酒豪」が揃っていて、いわゆる底無しでお酒を飲まれるイメージがあります。無理に飲まれることはどうぞお控えくださいませ。
トラッキー
2017/01/13 19:30
こんばんは♪
「仙禽」さん、200年以上続く歴史のある蔵元なのですね。
栃木県特産の大谷石が使われた建物は、立派で風格があります。周辺の民家にも、木造の建物が歴史が感じられます♭♭私ことですが、この頃は寒いので仕事から帰宅すると日本酒を一杯いただいております。体もポカポカ♪ぐっすり眠れます。
おがちん
2017/01/16 18:59
おがちんさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
街の風景はどうしても懐かしい昭和の名残を探してしまいます。ホーロー看板等、撮影しても面白いですね。
おがちんさんは日本酒OK!!ですか〜羨ましいです。この時期は熱燗で一杯、美味しいでしょうね〜
私は日本酒が苦手、美味しいのですが、酔い過ぎてしまいます(笑)。
トラッキー
2017/01/17 19:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
栃木の銘酒「仙禽」の蔵元 航空機と鉄道と風景の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる