航空機と鉄道と風景の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ひと月前は雪でした…福島県「大内宿」

<<   作成日時 : 2017/05/13 19:31   >>

トラックバック 0 / コメント 12

我が家の女子大生OG、共に歯科衛生士となった友人と福島県「大内宿」に出掛けた時の様子です。丁度ひと月前の4月13日(木)、歯科医院が休診の日に歯科衛生士「二人旅」となったようです。

大内宿、福島県南会津郡下郷町にある宿場町です。

大内宿は、会津城下と下野の国(しもつけのくに)(栃木県日光市今市)を結ぶ全長130キロメートル(32里の区間)の中で会津城下から3番目の宿駅として1640年ごろに整備された宿場町です。

会津西街道は関東側からの呼称で、会津側からは下野街道(しもつけかいどう)あるいは南山通り(みなみやまどおり)とも称されていた。会津藩主の18回におよぶ江戸参勤と江戸廻米の輸送と、当時会津藩と友好関係にあった米沢藩・新発田藩なども頻繁に利用した重要路線でした。

また、以前の記録では天正18年(1590年)伊達政宗の小田原参陣、同年の豊臣秀吉の奥羽仕置きに当宿場を通行した記録があります。大内宿観光協会ホームページ(http://ouchi-juku.com/index.php?FrontPage)より

雪が舞っています。わずかひと月前です。既に夏日を記録している今日この頃なのに信じられません。
画像


モノクロで撮影した写真もありました。
画像


山にも雪が残っています。
画像


ご一緒させて頂いたご友人です。
画像


お土産屋さんの前のワンちゃん。
このお店の番犬でしょうか。ずっとこの場所で観光客を見守っていたそうです。
画像


軒先には可愛い飾りがいっぱい下げられています。
画像


草履や下駄も売られていました。会津は桐下駄も有名です。
画像


宅配便のお兄さんです。
最近のニュースでクロネコヤマトが取り上げられています。宅配便、便利になりましたが、大変な仕事です。お疲れさま。
画像


ここで昼食かな。大内宿で有名な「ねぎそば」の看板があります。

そば椀に生ねぎ1本入ってくる生ねぎは、そばの味を出す為のものではなく、子孫繁栄を願ったもので、婚礼等のめでたい席で宴たけなわとなった頃、料理番(今の板長に当たる方)が「そば口上」をした後で客人に振る舞われたもの。
大内宿大和屋のねぎそばホームページ(http://negisoba.com/index.html)より
画像


メニューです。
雪が降っているので、暖かいものが良いですね。
画像


お店の中には写真がいっぱい展示されています。左上は小泉首相が訪れた時の写真だそうです。
画像


お店の中からの風景。
画像


お店の中からの風景、そのA
画像


きのこそばを頂いたそうです。きのこがいっぱい、美味しそうです。
画像


イワナの塩焼きも頂きました。
画像


秋の風景に見えますね。
画像


こんなアングルが好きなようです。
画像


屋根の葺き替えが行なわれていました。
画像


豪雪地帯を感じる一枚です。
画像


以上、わずかひと月前の大内宿でした。
画像


にほんブログ村に参加しています。
お気に召しましたら「ポチッ」して頂くと嬉しいです。ありがとう。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
今年の春の気候は乱高下が大きかったですね!
ここ数日でも10度位の上下はありますものね。
お嬢さんの写真のセンスが良く、楽しく拝見させていただきました。
お父様譲りの腕前ですね。
体調を崩しやすい気候です。お身体にご留意くださいね。
まきちゃん
2017/05/13 21:27
こんばんは!
この頃の暑さからは想像できないようなひと月前の雪景色ですね。モノクロ写真の雪景色が余計に寒々感じます。
茅葺屋根の建物が風情のある良い所ですね。屋根の葺き替えも行われてこれだけの建物を管理するのも大変でしょうね。
きのこそば、イワナの塩焼き美味しそうです。
お友達との二人旅行楽しそうですね。
eko
2017/05/13 23:26
まきちゃんさん、おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
おっしゃられる通り、日々の気温差に身体が付いていけずにバテ気味です。
お褒めのコメント、恐縮します。レンズやフィルターを新たに買ったりしているようで、写真が好きなんでしょうね。
良い趣味なので、飽きずに続けて欲しいものです。
トラッキー
2017/05/14 08:30
ekoさん、おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
茅葺きや藁葺き屋根の家屋、葺き替えが大変な作業だそうです。昔は一軒の葺き替えを村全体が協力して行なっていたそうです。
観光で訪れる私たちには分からない苦労がいっぱいあるのでしょうね。いつまでも残して欲しい日本の風景です。
トラッキー
2017/05/14 08:35
こんにちは。
義兄夫妻が会津若松市に住んでいますので大内宿には昔訪れたことあります。
記憶もおぼろげですがモノクロ写真も情緒があっていいものですね!
一眼レフにモノクロモードもあるのですが一度も写したことありません。
写真、お上手で楽しみですね!
飛行機や新幹線も良いですね!
とと丸ちゃんの寝顔、とても可愛いです
みっちゃん
2017/05/14 10:51
みっちゃんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
大内宿を訪れられたことがあるのですね。実は私は一度もありません。観光地として有名になったこともあって、行楽シーズンはかなり混雑、渋滞も激しいようです。
おっしゃられる通り、デジタル一眼レフカメラにはモノクロモードがありますが、カラーで撮影した画像を編集ソフトでモノクロ処理できます。
お褒めのコメント、ありがとうございます。
とと丸にはいつも癒されています。
トラッキー
2017/05/14 18:40
おはようございます。
今の時季はひと月で季節がこんなにも進むのを実感ですね。
モノクロの写真は郷愁を感じられますね
カラーが当たり前で見てますがモノクロ写真は自分なりに色々と考えたりして楽しめますね。
こうして見せて頂くと写真の撮り方が人其々で面白いですね、休日の良い二人旅になりましたね。。。

きょんたん
2017/05/15 06:55
きょんたんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
まったくおっしゃられる通りで、ひと月で一気に冬から夏になっています。寒くも無く、暑くも無い「おだやかな季節」が短くなっているような気がします。
モノクロ写真、大内宿のように昭和を感じる風景にはとても似合いますね。
トラッキー
2017/05/15 18:48
こんばんは♪
娘さんとお友達による福島県「大内宿」の旅、4月に雪があるのですか、驚きました。雪国の民家の屋根がいいですね。モノクロの写真もセンスいいです。構図もさすがです♭計算しているのでしょうか。参考になりました♪
寒い中にきのこそばと、いわなの塩焼きはおいしそうですね。
おがちん
2017/05/15 19:00
こんにちは。
福島には「大内宿」という名所観光地があるのですね。
茅葺屋根の各家々の佇まいが昔の雰囲気を漂わせています。
私事ですが、茅葺屋根と言いますと女房の実家も結婚したてまではそうでした。葺き直したばかりの時に急きょ母屋を建て替える事になり、建設屋さんだけでなく近所や親戚も総出で取り壊しに参加しまして、私もその一員となりまして、屋根の茅葺の解体にも参加しました。大きな家でしたので慣れていない分斜面で高さもあり怖い思いもしました。作業が終わった後は皆鼻の周辺が真っ黒になりお互いにそれを見て大笑いしたものです。
茅葺屋根の画像を拝見してそんな事を思い出しました。
このような名所での食事やお土産買いは尚更に楽しめそうですね。
一か月前にはまだ雪が降っていたとの事、こちらでも三月末に積もる程降りました中で、今年に関してはうなずける気もしました。
モノクロの写真がまた良い雰囲気をだしています。
イワナの塩焼きも実に美味しそうに撮れています。
マナオ
2017/05/16 14:07
おがちんさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
福島県の会津地方では、この時期でも雪が降るのでしょうね。ひと月前とはビックリしました。
イワナの塩焼き、キノコそば、私も食べてみたいです(笑)。
お褒めのコメント、ありがとうございました。
トラッキー
2017/05/16 19:06
マナオさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
マナオさんの奥様のご実家が茅葺屋根の家屋でしたか〜葺き替えは大変な作業だったそうですね。茅を集めるのも大変だったと思います。
今では見られなくなりましたが、私が子どもの頃、近所に茅葺屋根の家屋がありました。
お褒めのコメント、ありがとうございました。
トラッキー
2017/05/16 19:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひと月前は雪でした…福島県「大内宿」 航空機と鉄道と風景の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる