航空機と鉄道と風景の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 漫画の街 小倉駅 松本零士さんゆかりの地

<<   作成日時 : 2017/08/22 21:41   >>

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 8

北九州市の玄関「小倉駅」周辺の風景です。仕事帰りの「夜の小倉」の記事を続けましたので、リフレッシュしてお昼頃の小倉の風景です。開業は明治24(1891)年、JR九州、JR西日本、北九州高速鉄道(北九州モノレール)が乗り入れています。

小倉駅南口です。綺麗な駅です。
九州新幹線全線が開業した平成23(2011)年に南口を「小倉城口」、北口を「新幹線口」と呼ぶようになりました。
東京からの距離は、東海道、山陽新幹線で1,107.7キロメートルです。

駅舎は4階構造、その上にそびえるビルは「ステーションホテル小倉」です。
客室は9階から14階、全294室とのこと。
画像


小倉駅北口(新幹線口)の風景。
正面のビルが私の泊まった「コンフォートホテル小倉」です。
画像


北口(新幹線口)2階の風景。
画像


新幹線口を出た2階コンコースには漫画家である松本零士さんの代表作「銀河鉄道999」に描かれている「メーテルと鉄郎」のモニュメントがあります。

松本零士さんは、昭和13(1938)年、福岡県久留米市に生まれ、代表作に「銀河鉄道999」、「宇宙戦艦ヤマト」、「宇宙海賊キャプテンハーロック」等、SFアニメを多数描かれています。
太平洋戦争後の小学校3年生から小倉に移られ、小倉南高等学校1年生の時に漫画家としてデビューされたそうです。
画像


近くに「キャプテンハーロック」も立っています。
画像


そして、構内には「銀河鉄道999」に描かれている車掌さんが立っています。
画像


続いて小倉駅南口(小倉城口)の風景です。
画像


北九州高速鉄道(北九州モノレール)の高架が伸びています。
画像


小倉駅に到着したモノレールが見えます。
画像


モノレールが小倉駅に入る風景を見ていて、映画「銀河鉄道999」の出発のシーンを思い出しました。
昭和54(1979)年に公開され、私も観に行きました。
画像


999号がメガロポリスステーションを出発するシーンです。
小倉駅からモノレールが出発するシーンと重なりました。
画像


松本零士さんのアニメ、大好きでした。
画像


映画「銀河鉄道999」でゴダイゴが唄った「テイキングオフ」です。
999号出発のシーンにピッタリの曲です。


にほんブログ村に参加しています。
お気に召しましたら「ポチッ」して頂くと嬉しいです。ありがとう。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加しています。
お気に召しましたら「ポチッ」して頂くと嬉しいです。ありがとう。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 50
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
松本零士さんは小倉がゆかりの地なんですね。
「銀河鉄道999」、「宇宙戦艦ヤマト」、「宇宙海賊キャプテンハーロック」子供と一緒によく見ていました。
モニュメントまで建っているとは楽しいですね。
eko
2017/08/23 18:01
こんばんは♪
小倉駅とその周辺は近代的な建物ばかりですね。モノレールまであるのでしたか。
松本零士さんゆかりの地でもあったのですね。銀河鉄道999は子供のころに好きで、テレビや映画館に見に行きました。宇宙を列車で旅をするメーテルと鉄郎。不思議な作品でした。
おがちん
2017/08/23 19:23
こんばんは♪
松本零士さんのアニメの登場人物に等身大で会えるのは嬉しいですね。
日本のアニメの素晴らしさを改めて感じます。
まきちゃん
2017/08/23 19:40
ekoさん、こんばんは。いつも気持玉とコメントありがとうございます。
昭和50年代、松本零士さんのアニメが流行りましたね。銀河鉄道999はテレビでも毎週放送しており、欠かさずに見ていました。
駅にモニュメントを設置するのはイメージ効果が大きいですね。
トラッキー
2017/08/26 18:57
おがちんさん、こんばんは。いつも気持玉とコメントありがとうございます。
私も銀河鉄道999の映画を見に行きました。2回も(笑)。
テレビも毎週見ていましたよ。停車した星の物語を一話完結で構成されていた楽しいアニメでした。
メーテルは謎の女性、今でも不思議に思います。
トラッキー
2017/08/26 19:03
まきちゃんさん、こんばんは。いつも気持玉とコメントありがとうございます。
実は出張するまで小倉駅にモニュメントがあることを知りませんでした。事前チェックが甘い…(笑)。
松本零士さんの宇宙を舞台にしたアニメ、まさにSFアニメの先駆けですね。
宇宙戦艦ヤマトの主題歌を聴くと、夢中になって見ていた小学生の私を思い出します。
トラッキー
2017/08/26 19:07
こんにちは。
小倉駅は一度も訪れた事がありませんが、駅やその周辺の様子が説明付きで良く解りました。
漫画家の松本零士さんは福岡の出身でまた小倉にも縁があるんですね。宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999があまりにも有名ですが、私の小学生時代は「日の丸」という漫画月刊誌の中で松本あきらの名前で掲載されていた記憶があります。当時は週刊誌ですと少年マガジンやサンデーで、また月刊誌ですと少年画報や少年クラブは時々買っていました。中でもマガジンに連載されていたちばてつや氏の「紫電改のタカ」が印象に残っています。当時の漫画はまだ戦争物が多かったですね。
マナオ
2017/08/28 13:54
マナオさん、こんばんは。いつも気持玉とコメントありがとうございます。
興味深いコメントを頂き、ありがとうございます。
そうでした〜松本零士さんは「松本あきら」の名で描かれていたことを思い出しました。
昭和時代、週刊誌の全盛時代でしたね。少年画報、少年クラブ、聞いたことがあります。月刊誌でしたか〜
「紫電改のタカ」もタイトルは聞いたことがありますよ。戦争を題材にした漫画、人気があったのでしょうね。
貴重なコメント、ありがとうございます。
トラッキー
2017/08/28 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
漫画の街 小倉駅 松本零士さんゆかりの地 航空機と鉄道と風景の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる